other

猫の種類で飼いやすい猫のランキング上位はどんな種類の猫?

猫を飼い始めるにあたって、飼いやすさを重視する方は多くなっています。

猫にも色々な種類があり、其々毎に特性があります。では、飼いやすい猫の種類はどのようなものになるのでしょうか。

飼いやすいランキングの上位に見られる種類のアメリカンショートヘアーは、人懐こく元気で初めて飼う方にも慣れ親しみやすいため、おすすめです。

また、逆にロシアンブルーは落ち着いて鳴き声も静かであり、毛も長くないのでお手入れがしやすいため人気があります。

飼いやすい猫ランキング上位は何猫?

歩く猫

初めて猫を飼う方や一人暮らしの方は色々不安なことも多いですよね。そこでそんな方でも飼いやすい猫の種類トップ5をご紹介します。

まず第5位は垂れた耳が可愛らしい、スコティッシュフォールドです。スコティッシュフォールドは性格が大人しく、飼い主に従順です。短毛種なのでお手入れもしやすく、鳴き声も小さめなのでアパートでも飼う事が出来ます。

次に第4位は長い毛が特徴のペルシャです。ペルシャは温厚な性格でマイペース。活動量が多くなく、一人でゴロゴロしているのが好きなので一人暮らしでも安心して飼える猫です。第3位はぬいぐるみという意味の名を持つラグドールです。

名前の通り日人に抱っこされるのが好きで大人しい性格です。がっしりとした骨格をしており比較的丈夫な種類だと言われています。第2位は短い鼻が愛らしいエキゾチックショートヘアです。のんびりした大らかな性格であまり鳴きません。

また一人で寝ているのが好きなため一人暮らし向きの猫だと言えます。そして第1位は日本で純血種人気ナンバーワンのアメリカンショートヘアです。

アメリカンショートヘアは人懐っこく、飼い主に従順で言うことを良く聞きます。体も丈夫で病気にも強いと言われています。

これらが飼いやすいと言われている猫の種類です。どんな種類の猫を飼っても、住みやすい環境を整えて愛情深く接してあげましょう。きっと素敵な家族になってくれます。

飼いにくい猫はどんな猫?

最近はペットブームなどからも、賃貸の部屋などではペット飼育相談ができる物件が多くなっています。飼育する上で飼育がしやすい動物であるのか否かはとても重要なポイントと言ってもいいでしょう。

ペット飼育をする人の多くが犬を選ぶ傾向にありますが、犬は散歩に連れて行ってあげなければならない、仕事などで忙しい時には散歩に連れて行けないなどストレスを抱えてしまうとかわいそう、こうした理由からも猫を選ぶ人も多いのではないでしょうか。

猫には色々な種類がありますが、飼育のしやすさを考慮することが大切、逆に飼育がしにくい猫にはどのような種類があるのかを知っておきたい人も多いと言えましょう。例えば、シャム猫は見た目とは異なり、筋肉が多くアクティブな種類と言います。

持ち前の運動神経の良さを発揮するなどからも、活発的な動きをします。高い場所に簡単に上がることもある、いたずらが好きな性格です。

一緒に遊んで貰いたい時など飼い主さんに訴えかけますが、それに気が付かないと活発な行動はさらにエスカレートすることもあります。

個体差にもよりますが他の種類と比べるとシャムネコはなき声が大き目、アパートやマンションなどの住宅では声が響いてしまうなど飼育がしにくいかもしれません。

野良猫は警戒心が強いから飼いにくい?

野良猫は様々な人と接触することがあり、中には嫌がらせを受けるなど身に危険を感じる経験をしている場合も多いので警戒心が強いものが多く、ペットショップなどで販売されているものと比べると飼いにくさはあります。

しかし、どのような種類であるかでも異なり、簡単に保護して飼えることもあります。野良猫と言っても生まれたときから野良だったものもいれば、人間に捨てられたり迷子になって帰れなくなった猫も居ます。

後者に関しては人間に触れあった経験があるので懐きやすいです。このような野良猫であれば、特に注意しなくても保護して飼うのは簡単でしょう。生まれつきの野良猫であれば、飼う前に警戒心を解かなければ保護することもできません。

保護したいからと、急に捕まえようとしても逃げられてしまうので、餌を与えるなどして少しずつ近付いてくるようにします。このときも焦らずに時間をかけて警戒心を解いていきましょう。

猫を見るときには、喧嘩の合図と取られてしまうことがないように目を見つめすぎないことも重要です。また、強い臭いも嫌うので柑橘系や強い香水、タバコの煙の臭いなどは厳禁です。

保護した後も無理に触ったりせずに猫の方から距離を縮めるのを待つ、室内で窮屈さを感じないように大きなキャットタワーを用意するなどすると良いでしょう。

野良猫を飼う時の注意点は?

野良猫は常に屋外の過酷な環境下で生き続けていたため、人間に世話をされていた事例とは異なりしっかりとした食事ができていなかったり、健康面で心配な事があるので可能な限り迅速に動物病院に連れて行き、獣医師さんに診察して頂くようにしましょう。

動物病院で診察を受けると健康診断と共に感染症の有無を知る事ができたり予防接種を受ける事も可能であり、猫が発症する感染症の中には人間にも感染する症状があるため、飼い主においてもこれから一緒に暮らしていく上での安心材料になります。

そして、野良猫の中には既に成長している個体とまだ子猫の個体が混在していますが、成長している個体と子猫では適する食事内容に差異があるので、保護した個体の成長段階について確認します。

目が大きく開いていない個体は離乳前なので固形のキャットフードなどは与えてはならず、体重を計測した際に400グラムに満たない場合も固形物ではなくミルクを与えましょう。

一方、体は小さく見えるものの目がしっかりと開いていたり、体重が400グラムを上回っている様子であれば、固形のキャットフードなどを与えても問題ありません。

また、キャットフードの種類が多くて選定が難しく感じられる際には総合栄養食と表示されている品を選び、さらにウェットフードを選定すると尚良いです。

猫の種類でランキング上位の猫はどんな種類?日本の猫は人気が無い?

2匹の子猫

ランキング上位の猫の種類は、スコティッシュフォールドやマンチカン、ノルウェージャンフォレストキャットなどアメリカや北欧諸国の猫が上位を占めています。

愛くるしくて可愛らしいので多くの人を虜にしていますが、日本の猫は人気がないかと言えばそのようなことはなく注目している人は多いです。

特に三毛猫は大変人気があり昔から飼っている人も多いですし、キジトラやサバトラ、茶トラ等も評判が良く、多くの人に可愛がられています。

猫の種類ランキングで人気なのはどんな種類?

複数の子猫

猫のランキングで人気の種類といえば、何といってもアメリカンショートヘアーは外せません。アメリカンショートヘアーの愛らしい姿は幅広い世代から支持を受けており、根強い人気を誇っています。大らかな優しい性格も特徴で、人にも良く懐きます。

運動能力も高く、遊ぶことがとても大好きです。それから人気の猫の種類には、スコティッシュフォールドもあります。スコティッシュフォールドはスコットランドで誕生した猫で、垂れた耳をしているのが特徴です。

ただし、全てのスコティッシュフォールドの耳が垂れているわけではなく、垂れ耳ではない猫もいます。垂れ具合にも個体差があります。世界中でも広く飼われていて、おっとりとした穏やかな性格をしています。

そのため初心者でも飼いやすいので、初めて猫を飼うという人にも選ばれることが多いです。人気の猫の種類には、その他にもマンチカンがあります。マンチカンは足が短い種類で、その姿が愛らしいと好評です。

特にマンチカンが歩いている様子は、とても愛くるしく多くの人に愛されています。マンチカンは好奇心が旺盛な性格で、足が短くてもジャンプ力では他の猫に引けを取りません。人にも慣れやすいのでとても飼いやすいといえます。

猫の種類ランキングで人気が無いなのはどんな種類?

猫はどんな種類でも可愛いですが、様々な理由から人気がない種類もいます。人気がない猫の品種として代表的なのが「マンクス」です。

ブルーやレッド、ブラックなどあらゆる毛色が存在しているのが特徴で、家族には親しみますが他人には人見知りをします。自立心があり、活発でよく働く性格をしています。

人気がない理由としては、繁殖が難しく数が少ないということが挙げられます。イギリスのマン島原産で、日本ではほとんど見かけないため人気がないのです。

人気がない品種としては「キンカロー」も挙げられます。日本ではマンチカールとも呼ばれている品種で、マンチカンという猫ととアメリカンカールというう猫のミックスになります。

マンチカンの短い足とアメリカンカール特有の巻いた耳の両方を出現させる目的に交配させたとされています。ただし、無理な交配なため半身不随になったり、死産なるなどの可能性が高くなると考えられています。

「セルカークレックスロングヘア」も人気のない品種です。大きくしっかりとした体を持つセミコビーで、愛嬌の顔立ちをしています。

静かで落ち着いた性格と特徴的な巻き毛のため羊の皮を被った猫とも呼ばれています。比較的飼いやすい猫ではありますが、運動量が多いため対策が必要です。

日本の猫は人気が無いって本当?

日本の猫は海外の種類に比べると派手さがないというイメージがあるかもしれません。確かに海外の猫の中には見た目がとてもゴージャスで、極めて高い価格で取引されている種類もたくさん見られます。

そういった意味では、海外の種類には敵わない部分もあります。しかし、日本の種類が海外で人気がないのかというと、必ずしもそうではないと言えます。

例えば、日本でお馴染みの三毛猫は海外ではかなり人気があります。毛色を三色備えた種類は実は珍しく、中でも日本の三毛猫は縁起の良いまねきねこのイメージとして浸透しています。

日本国内での人気はそれほどありませんが、外国人からの反応は良好です。外国では、ミケで通じるケースも決して少なくないとか。しかも、日本で育っている猫たちは人懐こい性質があるので、飼育しやすいとされます。

こうした理由もあり、わざわざ日本から取り寄せる外国人も多数います。もうひとつ日本の種類が決して不人気ではないとする根拠として、猫カフェが挙げられます。最近では、日本を訪れる外国人観光客が増加傾向にあります。

さまざまな観光スポットが注目されていますが、外国人から絶大な人気を集めているのが猫カフェです。外国人により動画投稿サイトやSNSで度々紹介されているカフェも多数存在しています。

三毛猫は人気があるって本当?

猫には様々な種類があるのは、皆さんご存知の通りです。あまり猫に詳しくなくても、三毛やペルシャ、シャム、チンチラやアメリカンショートヘア、メインクーンなどは知っていると言う人もいるでしょう。

その数ある種類の中でも、特に人気が高いのが三毛猫です。白、黒、茶の三色が体毛に入っているのでこの名があり、どの色が多いかによってもまたイメージが変わって来ます。

この種類は日本猫を代表すると言ってもよく、またメスがオスより圧倒的に多いという点でも有名です。そして、如何にも猫らしい特徴を持ち合わせてもいます。三毛の特徴の一つに、いわゆる「かまってちゃん」的な点が挙げられます。

自分がいつも一番でないと気に入らず、飼い主が他のことに夢中だとかまってくれるまであれこれ悪戯をし、気を引こうと懸命になります。自分が好きな相手にはべったり甘える一方で、嫌いな人はとことん嫌いという特徴もあります。

しかしいつも甘えて来るかと言うとそうではなく、よくいわれるツンデレの面も持ち合わせています。こういう気まぐれで気分屋なところがある種類の三毛ですが、猫好きな人にはそういうところが如何にも猫を飼っているという実感があり、たまらない魅力に映るようです。

猫が舐める行為は意味がある?飼い主の手を舐める時の猫の気持ちは?

手を舐める猫

飼い猫が飼い主の手を舐める行為は、その多くが愛情表現です。猫が舐める行為にはいろいろな意味があります。

猫は仲の良い猫同士でグルーミングをする動物です。気を許した相手にしかしない行為で、飼い主の手を舐めてくる場合は、信頼しているからこその行動になります。

とても良い信頼関係が築けている証拠だと言えるでしょう。特に顔を舐めてくる場合は、最大の愛情表現になります。

仲の良い猫同士が相手の顔をグルーミングし合うのも、お互いの信頼関係を深め確認し合う行動です。また、何らかの要求を伝えようという気持ちから舐めることもあります。

お腹が空いた時や構ってもらいたいなど、要求を伝えたい時に舐めてくる猫も多いです。

猫の舐める行為は意味がある?

舌を出す猫

猫が舐める行為のことをグルーミングと言います。起きている時間の約3分の1はグルーミングをしているということからもわかるように、舐める行為は猫にとって極めて重要な意味があります。

自分に対して行う場合をセルフグルーミング、他の猫を舐める場合をアログルーミングと言います。セルフグルーミングをする意味は、自分の体を衛生的な状態に保ったり、精神的に落ち着くためです。

猫はとてもきれい好きなので、ほこりはふけなどが体に付着すると自分で舐めてきれいにします。猫にとってストレスになる出来事があった場合にも、リラックスするためにグルーミングをします。

この他にも、自分のにおいを消すために舐めることもあります。猫の祖先は元々狩りをしながら生きてきたので、その名残が舐める行為に表れています。でも、人間の手のひらに付着した塩分などを欲しがっているという説もあります。

飼い主の手のひらを猫が舐める行為も、信頼感と愛情を示すために行われています。もし同じ猫を相手にアログルーミングをしている場合は、親和行動を示しています。基本的に単独行動を好む猫ですが、アログルーミングをすると相手に親しみを抱いたという証拠です。

猫が飼い主の手を舐めるのはどんな時?

猫は寝ている時間以外はグルーミングをして過ごすと言われているほど、毛づくろいを良くしています。自分や他の猫を舐めることも多いですが、飼い主を舐める場合には、どういった意味があるのでしょうか?

飼い主を猫が舐める行為は、言葉で気持ちを伝えることができない彼らからの精いっぱいの愛情表現です。猫は肉親や他の仲のいい猫を愛情をこめてグルーミングすることがありますが、これを飼い主の手にも行っていると考えれば大丈夫です。

とにかく、飼い主に対して猫が舐める行為をするようになれば、こちらのことを信頼していて、かなり気を許している証拠だと言えます。

猫が舐める行為にも個体差があって、少しだけぺろりと舐めるだけで満足する猫もいれば、たっぷり時間をかけて愛情表現をしてくる猫もいます。それぞれの性格を踏まえたうえで、飼い主として寛大な心で受け入れてあげましょう。

自分とはまだ初対面の猫がぺろぺろと舐めてくる場合は、相手に対して敵意がないという意思をアピールしています。ペットショップでどの猫にしようか選んでいる過程で舐められたときや、初めて家庭に迎え入れて家族たちの手をいきなり舐め始めた時がこれに該当します。

猫は舐めて飼い主に気持ちを伝える?

猫を飼っている飼い主さんであれば、毎日猫が舐める行為をしているのを頻繁に見ており、どんな意味があるのかと考えている人も多いのではないでしょうか?

猫は起きている時間の三分の一もの時間を舐める行為をしており、中には飼い主さんに気持ちを伝えているものもあると言われています。具体的に、どのような意味があるのか詳しく見ていきましょう。

猫が飼い主さんの手を舐める場合は、愛情表現の意味があります。これは気を許している相手だけに行う行動なので、飼い主さんへの大好きな気持ちだと思って受け取りましょう。

さらに猫が飼い主さんの顔を舐める場合には、最大の愛情表現と言えるので、飼い主さんも愛情をもって可愛がってあげるようにしましょう。

また朝などに飼い主さんが眠っている際、顔や手を舐めてくる場合には、猫が何かを要求している気持ちのあらわれかもしれません。お腹が空いているのかもしれないし、トイレを片付けて欲しいという気持ちかもしれません。

もしくは抱っこや構って欲しいなどのおねだりの気持ちを伝えている可能性もあるので、猫の様子を詳しく観察してみてあげましょう。猫は人間と違い話すことができないので、舐める行為から気持ちを汲んであげられるようになるといいですね。

猫が異常に自分の体を舐めるのは病気の可能性がある?

猫が舐める行為にはさまざまな理由があります。被毛を清潔に保つという理由や体温調節のために舐めることは問題ありません。しかし、異常に体を舐める時は病気などの原因があるのかもしれません。

猫が舐める行為にはどのような意味があるのか確認しておきましょう。以上に体を舐める原因として、まずは皮膚病が考えられます。舐めている部分が赤くなって炎症を起こしている場合、皮膚病の可能性があるので注意しましょう。

舐めすぎると被毛の一部が禿げてしまうことがありますし、毛玉を吐くことで胃腸に負担がかかってしまうこともあるのです。猫が舐める行為をやめない場合、早めに病院に連れて行きましょう。そして適切な治療を受けさせることが大切です。

ノミやダニが付いてしまい、気になって舐めている可能性もあります。ノミやダニに咬まれると痒みがあるだけでなく、アレルギーや寄生虫への感染といったリスクもあるので注意が必要です。ノミやダニによる病気を防ぐため、普段から予防を心がけましょう。

猫の寝床などもこまめに掃除することでノミやダニを駆除することができます。猫が以上に体を舐めるのはストレスが溜まっているサインかもしれません。ストレスは治療することができないため、飼い主がストレスの原因を考え取り除いてあげる必要があります。

猫がゴロゴロ言う理由や意味とは?言わなくなると病気の前兆?

気持ちよさそうな猫の顔

猫がゴロゴロ言う理由の大半は、撫でられている時にリラックスをしているので心地よさや満足感を表すからです。

猫は甘えることが大好きですから、構ってもらうことで喜んでいるという意味を表していることが多いです。

ただ普段は頻繁にゴロゴロ言っていたのに言わないようになったり、いつもと違った状況で言う場合があります。

その時は病気の前兆である可能性もあり、怪我の痛みや病気の苦痛を和らげるために発していることがありますから、違和感を感じたら診察を受けることをおすすめします。

猫が喉をゴロゴロさせる理由は?

リラックスした猫

猫が喉を鳴らすのを聞いたことがある人は多いでしょう。しかし、猫がゴロゴロ言う理由についてはよく分からないという人もいるかもしれません。猫がゴロゴロ言う理由としてはまず、嬉しい時やリラックスしているといったことが挙げられます。

そのため猫が安心して満足できる状態の時によく聞くことができます。また、飼い主に甘える時などに喉を鳴らすこともあります。猫は飼い主に何かを要求する時にも喉をゴロゴロさせます。

この時は嬉しい時よりも少し高い音を出すため、人間が緊急性を抱きやすいと言われています。この少し高い喉の音はご飯が欲しい時などに聞くことができるでしょう。親猫と子猫がコミュニケーションを取るために喉をゴロゴロさせることもあります。

生まれたばかりの子猫は目が見えません。そこで親猫は傍にいることを子猫に伝えるため、喉をゴロゴロさせるのです。子猫は生まれてすぐにはゴロゴロ音を出せませんが、2日後には出せるようになります。猫が喉を鳴らすのは悪い意味合いが含まれていることもあります。

ストレスを感じている時や気持ちを落ち着かせたい時などに喉を鳴らすこともあるでしょう。これは自身の気持ちを落ち着かせようとするものであり、動物病院に連れて行った時などに聞くことができます。

猫が喉をゴロゴロさせるのは意味がある?

他の動物には見られない猫特有の不思議な行動のひとつに「喉をゴロゴロ鳴らす」という行為があります。

喉の筋肉で声門をリズミカルに振動させて、そこを通る空気を震わせることによって音が出る仕組みで、鳴らしているときはうっとりとした表情を見せているためつい嬉しくなってしまいます。

ですが、猫がゴロゴロ言う理由にはさまざまな意味があることをご存知でしょうか?

一般的に知られているのは「嬉しいとき」で、ごはんを食べて満足しているときや、飼い主とのコミュニケーションが図れているときなど、心が満たされている状態のときにこの行動が見られます。

更に、母猫と意思疎通を図るために音を出すこともあるため、飼い主を親と思い込んで甘えている場合もあります。その一方で、これらの気持ちとは全く逆の、マイナスの感情を持っているときにも猫は喉を鳴らすことがあると言われています。

何らかの理由でストレスが溜まっているときや、思うようにならなくてイライラしているときなどで、例を挙げれば嫌いな動物病院に連れて行かれた場合などに見ることができます。

また、体調が悪い場合やケガをした場合などにも鳴らすことがあるため、出産などで苦痛に耐えているときなどに喉を鳴らすことがあります。

猫がゴロゴロ言わなくなると病気の前兆?

猫がゴロゴロ言う理由はいろいろありますし、聞いたことのある人も多いでしょう。この音には甘えているという意味や満足しているという意味、嬉しいといった意味が込められていることが一般的です。

しかし、今までゴロゴロ言っていた猫が急に言わなくなった場合、注意が必要なこともあります。猫にどのような変化があるのか確認しておきましょう。心配のない変化としてはまず、成長したということが挙げられます。

子猫の頃は甘えてよく喉を鳴らしていたけれど、成長したことであまり甘えなくなって喉も鳴らさなくなるということです。もちろん大人になっても喉を鳴らすこともありますが、元気があって食欲もあるなら鳴らさなくなっても心配ありません。

また、去勢手術や避妊手術を受けた場合、ホルモンバランスが変化して喉を鳴らさなくなる猫もいます。ホルモンのバランスが変わると性格や癖が変わることもあると知っておきましょう。猫は病気が原因でゴロゴロ言わなくなってしまうこともあります。

喉を鳴らさなくなったら必ずしも病気とは限りませんが、猫の様子を注意深く見てあげるようにしましょう。体重の減少や増加、毛の艶が悪いといった変化があった場合、病気のサインかもしれません。

猫は腎臓病や尿結石、糖尿病といった病気にかかりやすいため、元気があるかどうかをしっかりチェックしておくことが大切です。

猫が喉をずっとゴロゴロさせるのはストレスが溜まっている?

猫は、うれしいときや満足しているときに喉をゴロゴロと鳴らしますが、他にも猫がゴロゴロ言う理由はあります。

それはストレスが溜まっている場合で、特に爪を切ってもらっているときや出産時の痛みに耐えているときなど、猫にとってとてもつらくて苦しい状況でゴロゴロという音を出すことがあります。

ストレスがあれば緊張したりイライラしてしまうため、なんとか自分の気持ちを静めようとこのような行動を取ります。また、飼い主に自分の体調が悪いことを知らせるために行う場合もあります。

実際に、動物病院に連れて行かれて獣医さんを目の前にすると、急にゴロゴロと鳴らしだす猫もいますが、これは自分が緊張していることを伝えようとしている意味です。つまり、猫は獣医さんからやさしく診てもらえるようにアピールしているわけです。

他には、猫の体調に異変があったり、具合が悪い状態でもゴロゴロ音を出すことがあります。このときの猫は痛かったり疲れているため、つらい表情になっています。

猫はそう簡単に弱みを見せない動物なので、このような状態になったなら病気や怪我であることを疑いましょう。すぐにでも動物病院へ連れて行き、適切な治療を施してもらうべきです。

猫が嫌いな匂いは何がある?しつけをするのに効果がある匂いとは?

怒っている猫

猫が嫌いな匂いはいくつかありますが、その中でも特に柑橘系の匂いを嫌がります。

人にとっては爽やかな匂いでも猫にとっては物凄く不快に感じる匂いです。手がかかる猫を飼っている場合は中々言うことを聞きませんよね?

しつけ方法として効果がある柑橘系のものを使えば言うことを聞くので是非実践してみて下さい。

また、野良猫対策として、野良猫が勝手に家の庭で粗相をする場合でも柑橘系のものを置いておけば来なくなります。

猫が好きな匂いは何?

猫の鼻

猫が好きな匂いとしては、キャットフードの匂いはもちろんです。茹でたささみ、焼いたウィンナーやハムなどのお肉や鰹節にサケやアジ等の魚類の他、練り物のかまぼこやカニカマといったものの匂いが好きです。

しかし、好きな匂いのもので人間が食べるものを上げるとキャットフードを食べなくなってしまったり、肥満の原因となったりする可能性もあるため気を付けるようにしましょう。

逆に食欲が落ちているときなどに少し添えてあげれば喜んで食べてくれるので使い分けてあげる事がお勧めです。

逆に猫が嫌いな匂いとしてはトップに柑橘類のオレンジやグレープフルーツ等で胡椒などのスパイスやお酢、ゼラニウムやミントなどのハーブ、アロマ類などの匂いや洗剤や香水などといったものが猫が嫌いな匂いです。

嫌いな匂いはしつけとしても使う事ができます。引掻いたり噛んだりといった行動を制限させたり、トイレでもないところにおしっこをしたりするところにそういった行動を制限させしつける事ができます。

しつけをする際に猫が嫌いな匂いをスプレーに入れてしつけスプレーを作る事がお勧めです。

直接かける事でしつけをする場合は霧吹きで水を吹き付けるだけで十分ですが、それだけではだめな場合は猫が嫌いな匂いであり安全なお酢やミントの葉等を入れて水と混ぜるだけで出来ます。ただし効果が弱くなる事もあるのでまめに作り変えることをお勧めします。

猫が嫌いな匂いは何?

どんな人にも好きな匂いと嫌いな匂いがあるように、猫にも同じように匂いに対して好き嫌いがあるのをご存知でしょうか?例えば、ほとんどの人が爽やかな香りとして認識している柑橘系の香りは、猫にとっては実は迷惑なものだったりします。

元々野生の肉食獣だった猫は、目の前の肉が食べられるかどうかを判断するために嗅覚を使っていました。ですから、酸っぱい匂いに対しては敏感に反応してしまうのです。

また、ハーブやアロマといった人間にとっては癒しやリラックス感を与える匂いも、猫は好まないということを覚えておくと良いでしょう。

これらのものの中には、猫が分解できない成分が含まれており、体内に蓄積されることによって中毒症状を起こしてしまうことがあります。アロマ好きな人は、購入前にしっかりと成分をチェックし焚く際には猫を別室に移すなどの心遣いが必要です。

しかし、このような猫が嫌いな匂いをしつけに利用することは可能です。猫が近寄ってはいけない場所等に柑橘系の匂いのするスプレ-を撒くなどすれば、猫はそのうちにその場所に近づかなくなります。上手に利用すれば、それほど苦労することなく猫をしつけられるでしょう。

他にも香辛料やコ-ヒ-の匂い等、猫が嫌いな匂いは実は結構ありますが、共存するためには思いやりを持って接して行きたいものです。

猫のしつけをする時のコツは匂い?

上手に猫のしつけをしたいと思う場合、一体どのような方法で行うのが効果的なのでしょうか。猫は人間と違って、大きな声を出して怒っても効果はありません。叩くという方法などもってのほかです。

猫のしつけをする時のコツの一つは、猫が嫌いな匂いを使うことであると言われています。

例えば、猫が大事な家の壁を引っかいたり、大切な家具や洋服をかじったり、または、専用のトイレでもない場所にマーキングをしたりするため、何とかしつけてやめさせたいと思う場合があるかもしれません。

そのような場合に効果を発揮するのが、猫が嫌いな匂いなのです。お勧めの方法は、猫が嫌いな匂いを混ぜて作ったスプレー液を使うというものですが、ここで注意しておきたいのは、猫に直接スプレー液をかけるわけではないということです。

猫がよく悪さをする場所に猫が嫌いな匂いを混ぜて作った液体をスプレーでかけておくことによって、猫が近づいたり悪さをしたりしないよう防止するというわけです。

人間の言葉が理解できない猫のしつけをきちんとしたい時には、是非とも猫が嫌いな匂いを上手に使うことができます。猫は勉強する生き物だということでよく知られており、嫌いな匂いを嗅いだ場所を覚えているため、そこで悪さをしなくなるでしょう。

猫の嫌いな音はある?

猫は人間よりも聴覚が優れており、とても高音の音も聞こえていると言います。猫の嫌いな音はあるのでしょうか。猫が嫌いな匂いや音を知ることで、しつけに役立てることができるのは有名な話なので、この機会に是非理解しておきましょう。

猫が嫌いな音の1つ目は、大きな生活音などがあげられます。ドライヤーや掃除機をかける音は、猫がびっくりしてしまう嫌いな音のため、できるだけ静かに生活してあげられるといいですね。

前述した通り、猫は高音の超音波なども聞こえてしまうので、猫よけグッズとして超音波を発する物が販売されています。またモスキート音も猫が嫌いな音で、このような超音波を発するしつけ用のアプリなどもあるので、必要な場合には検討してみましょう。

ただし、超音波も慣れてしまうと効果がなくなってしまうこともあるので、音域を変えることができるものがおすすめです。また金属音は猫が嫌いな音で、10歳以上の猫であればてんかん発作を起こさせてしまうリスクもあるので注意が必要です。

小さなお子さんがいて猫を飼っているご家庭の場合には、お子さんが金属製のスプーンやフォークなどをおもちゃにして遊んだりしないように注意してあげましょう。

猫がしっぽを振るときはどんなとき?猫はしっぽで感情表現をする?

猫のしっぽ

猫がしっぽを振るといってもその動かし方は様々です。力強く左右に大きく猫がしっぽを振るとき、それはイライラと怒っている場面です。

こんな時には飼い主さんもかまわず猫をそっとしておいてあげるのがベスト。小さく早く振るときは、恐怖を感じている時です。

不安に感じている際の感情表現と捉えることができます。ゆっくりとしっぽの先を小さく振るのは、ウトウトと寝ている時に見られます。

これは眠い時に反応するのが億劫で、しぶしぶ返事をしているような気持ちです。このように猫のしっぽの振り方の違いには、その時の感情に違いがあるという明確な理由があるのです。

猫がしっぽを振っている時は警戒している?

猫のしっぽ

言葉が通じない猫ですが、いろいろな行動が感情を表していることが多いので、飼い猫のちょっとした動作等を気にしておくと、ペットの事を理解できるようになるでしょう。

犬の場合には、一般的にはしっぽを振っているときには、喜んでいると認識されていますが、猫がしっぽを振るときは逆に警戒していることが多くなっています。

知らない人がお客さんとして来た時や他の猫が庭先を通った時なども、しっぽを振って警戒しているしぐさを観察することが出来るでしょう。

飼い猫が警戒心を持ってイライラとしているときには、なるべくストレスを取り除いてあげる様にすると良いでしょう。

ちょっとした猫の行動を知ることで、感情表現を知ることが出来るので、ペットと一緒に快適に生活をするためにも、猫の行動についてしっかりと理解を深めることが重要となります。

一般的には、書籍などで猫の感情表現の方法などを知ることが出来ますが、ペットショップや動物病院の先生などから教えてもらうことも出来るでしょう。

子猫の時期は予防接種などのために動物病院に通院する機会もかなり多くなりますが、その際にはペットの感情表現方法について、獣医さんに質問をして見ると、飼い猫に対しての理解を深めていくことが出来ます。

猫の感情表現はしっぽを振ること?

犬は嬉しいとき、しっぽを振りますが猫の場合はどうなのでしょうか?猫はしっぽを振るのではなくピンと垂直に立てます。他にも喉をゴロゴロ鳴らし、すり寄って甘えたりします。

犬のようにしっぽをリズミカルに振ることは見られませんが、猫もしっぽで色々な感情表現をします。リラックスしているときは左右にゆっくり大きく振ります。何か楽しいことでも考えているのでしょうか?

反対に左右に速く振る場合は怒っているとき、イライラしているときなどネガティブな感情の表れです。またボワッとしっぽの毛が膨らむのは興奮状態を表しています。大きな物音がしてびっくりした、自分以外の猫に思いがけず遭遇したときになる猫もいます。

たまに、じっと下を見てしっぽの先だけを揺らしているときがありますが、大抵小さな虫がいて観察しています。「何だろう?これ?」と好奇心が旺盛になっている証拠なのです。何か小さな物音がしたときもじっと耳をすまし、同じようにしっぽを動かします。

では、しっぽをダランと下げている時はどうでしょうか?これは犬といっしょで怖いときです。自分をなるべく小さくみせて目立たないようにしているのです。

猫がしっぽを振るとき、何かしらの感情の起伏があるようです。よく観察すると今どんな気分なのかがわかり面白いですよ。

怒ると猫はしっぽを立てるって本当?

当たり前ですが、ペットの飼い猫は人間の言葉を話したりすることが無いので、ちょっとした感情表現の行動を読み取って、猫の気持ちを理解することが重要です。

猫の行動には様々な感情表現が含まれており、特にしっぽでたくさんの感情を表すことが多いです。猫のがしっぽを振るときは、イライラした気持ちになっていたり、緊張して警戒心を持っていることが多くなっています。

また、猫が怒りの感情を表しているときには、しっぽを立てて、しっぽの毛を逆立ています。しっぽがかなり太くなるので、怒っている時の状態は非常にわかりやすいといえます。

その他のちょっとした感情表現なども読み取ることが出来る様になれば、さらにペットと一緒に快適に生活をすることが出来る様になるでしょう。

警戒心を感じている時や怒りを感じているときなどに、適切な対処をしてあげる様にすれば、猫のストレスも大幅の軽減され、トイレの失敗や体調を崩してしまうことも少なくなります。

猫がしっぽを振るときなどの感情表現について、さらに理解を深めたいという人は、猫に関する専門の書籍などを読むと良いでしょう。また、かかりつけの動物病院の獣医などから、ペットの感情の表現方法について質問をしてみると教えてもらうことが出来ます。

飼い主が猫の気持ちを読み取る方法はある?

猫は犬のように表情が豊かではなく、感情表現も控えめなので毎日一緒に切らしている飼い主さんでさえ、気持ちを読み取るのは難しいものがあります。

とはいえ、クールな猫もちょっとした仕草で感情を読み取れることがありますので、よく観察してみることがおすすめです。

猫は長いしっぽを持つ子が多くなっていますが、そのしっぽも真っすぐ上に立てていたり、大きく膨らんでいたり、横に振っていたりと様々な動きをしています。

犬の場合はしっぽを振るときは喜びを表していることも多くなっていますが、猫の場合も同じとは限りません。

猫がしっぽを振るときは、まず左右にゆっくりと横に振っているときは、心が落ち着いている時だと言われています。

そして猫が大きくしっぽを左右にバタバタと振っているときは怒っていたり、ストレスを感じていることも多いとされていますので、落ち着くまではあまり構わずに距離を置いておくことがおすすめです。

真っすぐに尻尾を立てているときは子猫時代の名残りと言われており、うれしさや甘えたい気持ちを表していると言われています。

抱っこしているときにゆっくりとしっぽを動かしているときは嬉しさを感じていることもありますが、バタバタと激しく動かしている時は嫌がっている可能性もありますので、そっとおろしてあげると良いでしょう。

猫が噛む理由で考えられるのは?突然物を噛むのは構ってほしいから?

人の腕と猫

猫を飼っている場合には、猫が噛んでくることもあります。

猫が噛む理由としては構ってほしいという可能性などもありますが、なでたりしている最中などの場合には、ちょっとしつこいから噛んだという可能性もあります。

また、ストレスや本能的に突然噛んでしまうというケースもあるため、猫の様子を飼い主がチェックしてどのような理由か判断していくことも大切です。

ストレスなどの場合には、物を与えて物を噛ませるなどして対策をしてみましょう。

猫が物を噛む理由は?

威嚇する猫

猫は見た目の可愛さとは裏腹に鋭い歯が生えており、噛まれて痛みを感じた経験のある飼い主さんも多いと思います。猫は物を噛んだり、突然飼い主さんを噛むときもありますが、その理由を知りたいと感じている人もあるのではないでしょうか?

猫が噛む理由としては、まず子猫の場合は入歯から永久歯に生え変わる際に歯茎がむずむずして物を噛みたくなります。そんな場合は噛んでも大丈夫なおもちゃを用意してあげることがおすすめです。

体を撫でていたり、ブラッシングをしてあげているときにもいきなり噛まれることがありますが、しつこいからもうやめて欲しいという意味で噛むこともあります。猫とのスキンシップは飼い主さんにも大切な時間ですが、猫がストレスを感じない程度の時間に切り上げていきましょう。

そして、猫が噛む理由としては構ってほしいという意味が含まれていることもあるとされています。猫が噛むときは愛情表現の意味もあり、甘えたいときやもっと遊んで欲しいというときに甘噛みしてくることもあります。

こうしたときは遊んであげるのも良いですが、噛んだら遊んでくれる、かまってくれると猫が認識してしまうこともあります。頻繁に噛まれることは良いことではありませんので、癖にしないよう注意したいところです。

猫が突然物を噛むのはどうして?

猫を飼っている場合には、突然猫が噛んでくる、猫が物を突然噛んでしまうこともあります。猫が噛む理由はさまざまですが、物を噛んでしまう理由としては、ストレスがある場合や歯がかゆいなどが主な理由といえるでしょう。

猫も人間と同じように、ストレスを感じることがあります。特に生活状況などの変化があるとその状況に慣れるまでかなりのストレスを感じてしまうこともあります。

そのストレスから物などを噛んでしまうなどの行動に出ることもあり、できるだけ猫のストレスを緩和する対策をしてみることも大切です。また、歯がかゆいため物を噛むということもあります。

それ以外にも、猫が飼い主を噛んでしまうなどの場合には、反射的に噛んでしまったことが原因ともいえますが、甘噛みをしてくる場合には、単純に構ってほしいという気持ちからの行動ともいえます。

このように、いろいろと理由などを考えれば噛むという行動をした猫に対しての対策などもいろいろと考えることができます。理由がわかれば、飼い主としても安心です。

きちんと対応してあげることで問題を解決しましょう。また、ストレスなどに関しては、できる限り緩和できるように日々、対策をしていくことも大切です。

構ってほしいと猫は物を噛む?

構ってほしいと猫は、飼い主や物を噛む場合はあります。猫が噛む理由としては、さまざまなものが考えられます。

構ってほしいという場合でも噛むことはあるため、ちょっと猫に対して意識を向けて遊んであげるなど対応してあげることも大切です。

猫が噛む理由は構ってほしい以外にも反射的に噛んでしまうこともあれば、歯がかゆいという理由で噛むなどの行動をすることもあります。

噛む対象があればいいので、猫が噛んでも大丈夫な物をあらかじめ用意しておき、噛みたい時にその物があれば猫も気が済むまで噛むことができます。

ストレスなども噛む原因になるため、人や物を噛むことが多いという場合には、ストレスなども疑ってみるということも大切です。状況によっては、ストレスを解消できるようにいろいろと対策をしてみることも必要になります。

猫も構ってほしい場合には、噛む以外にもいろいろと行動にでることもあるためいつもと様子が違うという場合には、しっかりと構ってあげるというようなスタンスで共に生活をしていくことも大切です。

ペットを飼うということは、きちんとその面倒を見る必要がでてきます。そのためにも、猫をペットとして飼うならば普段から様子をしっかりとチェックしておく癖をつけておくといいでしょう。

飼い主の手を噛むのは寂しいから?

猫と言えば噛むというより爪で引っ掻くイメージがありますが、突然指や手に噛みついてくることがありますよね?飼い主のことが嫌いなのかと考えてしまいますが、実は猫が噛む理由は寂しくて構ってほしいからです。

中々遊んでくれたり、構ってくれないと猫は寂しがります。犬と比べて自由奔放で気ままなイメージがありますが猫だって飼い主とじゃれ合いたいという気持ちを持っています。構って構ってという気持ちを込めて飼い主の指に噛みついてくるのです。

噛みつくとは言っても強い力ではなく甘噛み程度です。寂しい時は身体を飼い主に寄せながら甘えた感じで噛みついてきます。もし飼っている猫がそのような行動をしてきたらたくさん構って遊んであげて下さい。

決して噛まれたからと言って自分のことを嫌っていると捉えないようにしましょう。1つ気を付けるのならば軽く噛んでくるのではなく、かなり強い力で噛まれた場合です。基本的には甘えたい時には強く噛んでは来ないのでまた別の理由で噛んでいる可能性があります。

例えばお腹が空いた時やイライラした時です。寂しがっているのかイライラしているのか分かりづらいですが噛む強さで判断をするようにしましょう。

猫が吐く原因と対処法とは?猫はよく吐くから心配無用?

飼い猫が突然吐いたりすると、症状などから病気を疑ってしまったり、飼い主としてはとても心配になるかと思います。

猫が吐く原因と対処法としては、嘔吐の仕方によっても違ってきますが、食べ過ぎや病気のサインであったり草や毛玉を食べてしまっても嘔吐することがあります。

病気の種類によっては保険が適応されることもありますので、気になる症状が見られた際は、早めに病院にて医師に診察をしてもらうことが大切になるでしょう。

猫が吐いた時の考えられる原因は?

大きい口をあける猫

猫はときどき吐く動作を見せ、そのときは大変心配になりますが、猫が吐く原因と対処法を知っておくと安心できます。まず日常的に吐く動作をする猫がいたり、食べ過ぎが原因で吐くこともあります。

多いのは毛繕いのときに飲み込んだ毛玉を吐き出すもので、これは病気ではなく正常な動作です。気になるようならマメにブラッシングし、毛を飲み込む量を少なくすることです。

食べすぎが原因なら一度に出すエサの量を減らし、こまめに何度かに分けて与えることで防げるでしょう。そうではなく、1日に何度も吐く、あるいは吐く動作以外に他の症状もあるなどの場合は病気の可能性があります。

このときは心配ですから病院に連れて行くことになるでしょうが、ここで猫が見せる吐く動作はよく観察しておきましょう。食道に溜まったものを吐く動作と、胃に溜まった内容物を吐く動作の2種類があるのです。

食道に溜まったものを吐き出すときは、いきなり吐き出しますが(吐出し)、胃の中のものを出すときはまず数秒間ウッウッとお腹を収縮させる動作があり、そのあと力強く一気に吐きます(嘔吐)。

この動作をよく見ておくことで、獣医師が診断でき、猫が吐く原因と対処法が的確になるのです。獣医師はこの動作を観察することができませんから、飼い主が代わってよく見ておき伝えることで処置が適正に行えることに繋がります。

猫が吐いた時の対処法は?

猫が吐く原因と対処法などを、チェックしてみましょう。猫が吐く原因としては、胃液を吐く場合やエサを食べてそれを吐き出してしまう場合、毛玉などを吐き出すこともあります。

基本的に、胃液だけの場合には、空腹などが原因といえる場合も多いため、エサを与えるなどの対処をしてみるといいでしょう。エサを吐き出す場合には、食べすぎなどによる原因の可能性があります。

また、抜け毛が多い時期である初夏や初秋などは抜け毛を飲み込む量などが増えてしまうため、気分が悪くなり吐くこともあります。飼い主としては心配になることもありますが、基本的に吐いた内容物をしっかりとチェックしてみることで原因を探ることが重要です。

ただし、異物や血が混じっている場合などは、病気などの可能性などもでてくるため動物病院に連れていくなどの判断をしてみることも大切だといえます。

特に異物や血が混じっていないという場合には、少し様子を見るなどの対処をしてみるのも一つの方法ですが、猫が普段とは違う様子である場合や明らかに元気がないなどの状況ならば、念のため動物病院できちんと診察してもらうということも大切です。

病気などの場合には、できるだけ早く治療や対処をすることが重要なため、不安な場合にはすみやかに動物病院で診てもらうようにしましょう。

猫はよく吐くから吐いても問題ない?

猫は飼いやすい動物と言えますが、体調を崩すこともありますので、日頃から体調の変化は注意深く観察してあげたいところです。猫はよく吐く動物としても知られていますが、あまりに頻繁に吐くとやはり心配になってきます。

吐いた場合も特に問題がないこともありますが、何等かの病気が原因している場合もあり、その場合は治療も考えていかなくてはいけません。

猫が吐く原因と対処法も知っておきたいところですが、まずはフードを食べすぎたり、急いで食べた場合にすぐ吐いてしまうこともあります。この場合も吐いたあとはケロッとしていて元気であれば特に問題はないと言えるでしょう。

フードの量を減らしてみたり、最近は食べるのに時間が掛かるよう工夫された食器もありますので活用してみましょう。粒の小さな吐き戻し軽減のフードに変えてみることもおすすめです。

さらに、猫は自分で体を舐めてお手入れをしていますが、このときに毛も飲み込みますのでお腹に毛玉がたまりそれが嘔吐の原因となっていることもあります。

毛玉対策のフードやペーストで毛玉を排出させてあげたり、ブラッシングで抜け毛を防ぐ工夫も行ってみましょう。そして、一日に何度も吐く、血が混じっているなどの場合は胃腸や腎臓などの病気にかかっている可能性もあります。

頻繁に吐く場合は放置せず早めに動物病院で診察や検査を受けましょう。

猫は吐き方で病気かどうか判断できる?

猫が吐く原因と対処法についてまとめます。猫が吐く原因は、飲み込んだ毛玉を吐いただけの場合や病気などの場合があります。猫は毛繕いをした際に自分の毛を飲み込んでしまいます。そのため飲み込んだ毛玉を吐くことは、わりとよくある事です。

しかし、猫自身も吐くのは苦しいでしょうし、猫が吐く姿をみるのはつらいものです。出来るだけ、ブラッシングやシャンプーなどをする習慣をつけて、飲み込む毛玉を減らしてあげる方が良いでしょう。猫草などを与えて、毛玉を出しやすくしてあげるのもおすすめです。

吐いた後にけろっとしている、吐いた後の様子が普段通りなとき、吐いた物に異物が入っていない等のときには、あまり心配しなくても大丈夫な場合が多いです。

反対に、吐いた後に元気がなかったり食欲がないような場合には注意が必要です。猫が間違って、食べてはいけない物を食べてしまったりした場合にも吐くことがありますし、病気の可能性もあります。猫が吐く病気はたくさんあります。

単純に胃に異変がある場合だけではなく、体のどこかが病気の場合でも吐くことはあり、理由は様々です。猫が吐くことは、よくあることではありますが、しっかりとその後の様子を観察したり、定期的に獣医に診察を受けることは重要です。

猫が鳴く理由には地震が関係している?地震を予知すると猫は鳴く?

猫は地震を予知することが出来るという説があります。実際に日本に大きな被害をもたらした東日本大震災の2日前に、猫が異常に鳴くのを耳にしたという人は少なくありません。

その事から鳴き声の理由には地震が関係している、予知能力があると言われてます。何故予知することが出来るかの理由としては、地震の際に発生するわずかな電磁場を感知できるからだと言われえいます。

他にも猫には第六感が備わっているので察知できる、特に第六感が鋭い自由きままなタイプの猫、本能に従って生きている野生の猫の方が的中率が高いそうです。

勿論猫が鳴く理由はそれだけではなく、不安な時健康を害した時なども挙げられます。

猫が鳴いたら地震の前触れ?

倒れるドミノ

動物は本能や、人間には感知できない電磁波の影響を受けて、地震などを事前に察知できると昔から言われていますよね。猫が鳴く理由は様々です。飼い主に甘えて鳴き声を出すこともあれば、何らかの要求をしていることも多いですよね?

他にも猫が鳴く理由しては、恐怖や不安を感じている時や、相手を威嚇する時なども考えられます。発情期になると激しい鳴き声を上げる猫もたくさん見られます。

ペットを飼った経験がない人でも、近所から発情期の猫同士の激しい争いを聞いたことがある経験をしている人は多いはずです。地震が原因で鳴いているかもしれない時は、普通に鳴き声を出すというよりは、異常な鳴き方をしていることが多いとされています。

このほかにも、背中の筋肉をむやみにびくびく動かしていたり、やたら外に出たがるときや、ヒゲがピンと張って一点をじっと見つめるなどの異常行動が見られたら、虫の知らせである可能性が少しはあるかもしれないです。

念のために猫を連れて避難できるように準備をしておくと、もし何かあった時にも安心です。2週間分のキャットフードと水分、食事を入れる器やウェットティッシュなどのストックを前もってしておきましょう。

猫の鳴き声と地震は関係ある?

大地震の前には動物が異常な行動をするというのは有名な話ですが、猫の鳴き声と地震には関係があるのかというと、関係している可能性はあります。猫が鳴く理由には、危険を察知して警戒をしている場合があります。

人間よりもはるかに感覚が優れている猫は、地震が始まるときに生まれる地震波のP波に反応しているのではないかというのが、その鳴き声を説明できる仮説です。このP波というのは、人間が感じる強い揺れのS波に比べて非常に弱い揺れです。

でも、地面を伝わるスピードはP波のほうが早いという特徴がありますから、これを探知できればこれから揺れるということがわかります。

ただ、地震が起きたことに反応して鳴いていたとしても、飼い主にとってはエサを欲しがって鳴いているのか、かまって欲しくて鳴いているのかという区別がつかないかもしれません。

それでも全身を震わせ、異様に興奮しながら鳴き続けているようであれば、普通とは違うとわかるかもしれません。異常な鳴き声を出しているならば、警戒をしたほうがいいでしょう。

猫が異常な行動をしたから避難したけど、何もなかったら無駄骨ですが。実際に揺れたとすれば、人や家財を守ることができるかもしれません。

こういったことから、猫の鳴き声について少しでも変化があればわかるように、普段からよく様子をみてやることが大切です。

猫が地震を予知した時に見せる行動とは?

猫は、地震を予知すると神経が集中しているヒゲをピンと張るとともに異常に無くだけで無く、安全な場所や外に出られる場所を探すために歩き走り回ります。

外に出られない時には、タンスや2階など高い所に登り降りようとせずに顔を洗うようなグルーミングをしたり、背中の筋肉を不自然に痙攣させる動作を見せます。

日本愛玩動物協会では、1995年に発生した阪神・淡路大震災の際に約39%の猫が地震予知に起因して異常行動を示したとし、2018年6月に発生したM6.1の大阪北部地震の猫カフェの猫の様子が海外メディアに取り上げられました。

猫が鳴く理由は、神経が集中しているヒゲが液胞に浮いているので軽微な振動を感じる取れる事や人間では聴き取ることが不可能な60Hzまで聞き取れます。

さらに加えて、ナマズのように生体電位とも呼ばれる準静電界や自然界電磁波ノイズを感知する電界検出センサーを有しているからです。

地震は、秒速6km~7km程度の縦揺れのP波が先に到達し、秒速3km?4kmで大きな被害をもたらす横揺れのS波で構成されています。

猫は、P波が発生する前に発生する岩盤や地下水など地中の変化に起因する磁場の変化が感知可能とされ、人間が地震を感知する10秒以上前から異常行動を示します。

猫は夜行性だから夜中に鳴きやすい?

猫は夜行性で主に昼間は寝ていることが多いですが、夜に猫が鳴く理由で一番に考えられるのは、飼い主に何かを要求している場合です。猫同士では鳴いてコミュニケーションをとるということは、あまりないことです。

なので、ほとんどの場合は人間に対して鳴いていることが多いのです。では、何を要求しているのでしょうか?その理由は様々ですが、猫は夜行性なので夜に活動的になります。

そんな時に遊ぶ相手がほしくて鳴いて要求している場合や、お腹がすいたからご飯が欲しいと鳴いて要求している場合もあるでしょう。しかしこんな時にいつも構っていては、猫も鳴けば要求が通ると思ってしまいます。

あまりに構いすぎるのは、しつけにならなのでほって置くことも時には大事なことです。普段と違う興奮した声で鳴くときは、もしかしたら家の外に他の猫や動物がいる場合もあります。

飼い猫が外へ出かけるようなら、外に出してほしいと言っているのかもしれません。特に、避妊手術をしていない場合は発情して鳴くこともあります。

さらに、病気が原因で鳴く場合もあるので注意が必要です。甲状腺機能亢進症の場合にはホルモンの影響で鳴くこともありますし、認知症などの場合もあります。

また、猫は地震を予知して鳴くという話もありますが、これに関してはっきりとした理由などは分かっていませんが、人間よりも敏感な野生の頃の勘で察知しているのかも知れません。

猫が鳴く理由とは?ずっと鳴いているのは体調不良を訴えている?

猫が鳴く理由としては様々なことが考えられます。例えば、甘えたいときには良く鳴く傾向にあります。

ただし、普段よりもずっと鳴いている場合は体調不良の可能性を考えたほうがいいでしょう。

体調が悪いのか悪くないのか、この2つを聞き分けるために重要となるのは普段から猫の鳴き声を注意して聞くことです。

明らかに甘えているような鳴き声でない場合はすぐに病院に連れて行ったほうがいいでしょう。猫の健康のためにも普段からこのことを意識しておくといいです。

猫が鳴く理由は?

威嚇する猫

猫が鳴く理由として、人間を親だと思っていることが考えられます。猫は、本来親猫としかコミュニケーションとして鳴くことはありません。

小さいうちに親から離されてしまった猫は、人間を親猫だと思いコミュニケーションを図ろうとしています。もし猫が甘えたような声で鳴くようなことがあったら、思いっきり可愛がってあげましょう。

ただ、ずっと鳴くようなことがあった場合には、猫が何らかの要求をしていることを考える必要があります。例えば、トイレが汚れている場合にはずっと鳴いて知らせることがあるので注意してみてください。

猫は、本来とても綺麗好きな神経質な動物です。そのため、トイレが汚れていると我慢することができず、綺麗にするように鳴いて人間に知らせてくれます。トイレが汚れているようなことがあったら、きれいに掃除をしてあげましょう。

他にも、お腹がすいているときにも、猫が鳴く理由になります。いつもは決まった時間にご飯をあげているものの、ついついあげ忘れてしまうときもあるでしょう。ご飯をもらうことができないと、猫もお腹が減ってしまい仕方ありません。

そこで人間に鳴くことでご飯を催促しています。ずっと鳴くからには色々な理由が存在しています。

猫がずっと鳴いている時は体調不良?

飼っている猫が鳴き続けている時等に飼い主は不安な気持ちになりますが、猫が鳴く理由は様々あります。

野生の猫の場合は外敵を意識して余り鳴き声を上げる事は無いのですが、ペットになっている猫は飼い主に何かを伝えようとしている場面が多く、例えばただ単純に甘えているだけや、何かに恐怖や不安を覚えて鳴き声を上げている事もあります。

発情期や何かしらのストレスからの威嚇行為で鳴いてるパターンが理由として出てきます。しかしこれらのパターンは基本的に鳴き続ける事は無く、ずっと鳴き続けると言う事は体調不良を疑う必要性が出てきます。

どんな鳴き声でも鳴き出したタイミングを注意深く意識していくと原因が分かり易くなります。例えば排泄をする時に痛そうな鳴き声を上げている時は排泄時に何かしらの痛みが猫に発生している可能性が高いです。

動物病院で一度診察を受けた方がいいですし、キャットフード等のご飯を食べる時に中々食べずにずっと鳴いている時は消化器官に何かしらの異変が発生している可能性があります。

この様な場合でも動物病院で検査した方が、飼い主さん自体の不安も少なくなるのでいいです。飼い主の不安が猫に伝わって鳴いてる可能性もあるので、飼い主さん自体が様々な猫が鳴く理由を理解して、冷静に対処していく事が大切です。

大声で鳴く猫は健康の証?

猫が大声で鳴くこともあります。基本的に猫が鳴く理由としては、遊んでほしい、かまって欲しい時かストレスがある場合、そして発情期などが挙げられます。

遊んで欲しい、かまって欲しいという場合には、それほど大声で鳴くということはありませんが、飼い主にちょっとじゃれてみるなどの行動をとることもあります。

ストレスの場合には、少し大きな声を出してしまうこともあるため、大声で鳴いているという場合には、ストレスが溜まっている可能性があります。発情期などでもそれなりに鳴くこともありますが、これは、その発情期の時期を過ぎれば自然と収まります。

このように、いろいろと理由などもあるため、ずっと鳴いているような状態が続いてしまう場合には、様子を見ることやある程度かまってあげることなどいろいろと対策をしてみるといいでしょう。

何も理由もなしに鳴くということもありませんので、何かしら原因や理由があって鳴いていると判断し、きちんとした対処をすることも必要です。

猫が鳴いているというだけでなく、他にもさまざまな行動やしぐさなどによっていつもと違う様子はないかなど飼い主としてきちんとチェックしてあげましょう。

何か異常やいつもと様子が違うと感じたら自身で対処するか、病気などの可能性がある場合には、獣医に診せるなど対策をとりましょう。

猫の無駄鳴きを抑える方法はある?

猫は自由にさせたほうがいいと思うものの、ずっと鳴いていると反応に困りますし、近所迷惑にもなります。ならば、その無駄鳴きを抑える方法はあるのかというと、何が原因なのかを突き止めれば可能です。

猫が鳴く理由は、空腹であったり飼い主にかまって欲しいと甘えていたり、体調が悪いといったこともあります。空腹ならば、エサを与えてやればすぐに泣き止みます。

頻繁に無駄鳴きをしているならば、エサを与えるタイミングを見直してみましょう。飼い主にかまって欲しいというのは、寂しいと感じているかもしれません。飼い主がかまってやれればいいのですが、日中は仕事で留守にしているとなればそれもできません。

もし余裕があるならば猫をもう一匹増やしたり、自動的に動く玩具で遊ばせるという方法で解決することができます。単に暇だというとき、それに対応してやれば鳴けばかまってくれると思ってしまいます。

ですから、しつけをするためにも、鳴き声を無視するということも必要です。そうすれば次第に鳴くのを諦めます。このとき見ることも話すことも、猫に対してやってはいけません。

体調が悪いというときには、ずっと鳴いているだけでなく体の動きや食欲などに変化が出ている事が多いので、そういったサインを見逃さないようにしてください。

そうして、場合によっては体調が悪いだけでなく病気になっていることもありますから、念のために獣医師に診てもらうようにしましょう。