猫伝染性腹膜炎とは?初期症状や原因は何が考えられる?人にうつる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫がかかる病気の一つ、猫伝染性腹膜炎は初期症状としては発熱や食欲不振、下痢、嘔吐などが見られます。原因は猫コロナウイルスが突然変異した猫伝染性腹膜炎ウイルスに感染することです。

原因となるウイルスは猫コロナウイルスが糞便などから感染をしたあとに、体内でなにかのきっかけにより変化を起こします。

ですから、猫コロナウイルスに感染しても、多くの場合には猫伝染性腹膜炎を発症しません。治療において特効薬はなく、延命はできても命が助からない病気です。

ウイルスが原因ではありますが、人にうつることはないです。

猫伝染性腹膜炎とはどんな病気?

ゲージに入った猫

FIPと呼ばれる猫伝染性腹膜炎は、ウイルスが猫の体内で突然変異して血管に炎症を生じる病気です。猫伝染性腹膜炎は炎症が多臓器に及んで様々な病気を引き起こします。原因はコロナウィルスですが、体内にあるコロナウィルスが突然変異してFIPウィルスになります。

初期症状は腹水ですが、胸に水がたまるケースも多いです。高熱が出たり地肌や白目の部分が黄色くなることもあります。血管炎から様々な臓器が影響を受けるため、慢性的な下痢や嘔吐、呼吸器症状が出る猫もいます。

症状がある場合は診断が容易で、腹水がある場合は血液検査をします。FIP抗体を測定して数字が高い場合は猫伝染性腹膜炎が確定します。無症状の場合、FIP抗体を測定してコロナウィルスが院生で測定値が測定限界以下であれば問題ないです。

診断で迷った場合は、3ヶ月くらい間をおいてから再検査を行います。猫伝染性腹膜炎だと判断された場合は、抗炎剤を使用して治療します。強力なステロイド使った治療がメインになりますが、ウィルス疾患なのでインターフェロンも効果的です。

猫伝染性腹膜炎を発症すると、治療を行って一時的に症状が回復した場合でも再発して亡くなってしまうことがあります。

猫伝染性腹膜炎の初期症状とは?

猫伝染性腹膜炎は、コロナウイルスに感染し突然変異することにより様々な症状を発症する病気です。一度発症すると致死率がほぼ100パーセントといわれています。

初期症状としては、発熱や食欲低下、元気がなくなりぐったりした状態が続き、体重が減少すると考えて間違いありません。発育不良とも考えられる症状のため、子猫の場合は特に発見しにくいといわれています。

発見しやすい症状としては、眼の虹彩から出血や、角膜と虹彩の間に濁りがでる症状があげられます。肉芽腫と呼ばれるしこりができている可能性があるため、すぐに病院へ連れて行かなければなりません。

肉芽腫は眼だけではなく、肝臓や腎臓等にもできる可能性があり、場所により症状が異なります。肝臓に異常がでた場合は、毒素を排出することができなくなるため嘔吐や下痢等の症状が現れます。

排出に関しては、腎臓は体内の老廃物を排出する働きがありますが、影響が出た場合は老廃物を排出することができず血液中に溜まることになり、水をよく飲むようになります。また、口臭がきつくなる症状も現れます。

老廃物だけではなく水が胸やお腹に溜まる場合もあり、胸膜炎や腹膜炎がおき呼吸が苦しくなる可能性もあります。症状が現れた場合は、感染状況を確認するために動物病院で血液検査を行う事をお勧めします。

猫伝染性腹膜炎になる原因は?

猫が猫伝染性腹膜炎になってしまう原因は猫コロナウイルスです。この猫腸コロナウイルス自体はとても弱いので、感染しても症状が出ないことがほとんどです。

実際に日本にいる猫のほとんどはこのウイルスに感染したことがある検証結果が出ています。しかし、このウイルスは突然変異してしまうことがあります。

猫腸コロナウイルスが猫の体の中で突然変異を起こすと、猫伝染性腹膜炎を引き起こす可能性があります。突然変異の原因についてはよく分かっていませんが、免疫の過剰反応が原因ではないかと推測されています。

免疫機能はストレスなどが原因でバランスが崩れてしまうことがありますし、それが原因となって病気を発症してしまうという考え方です。

バランスを崩した免疫はウイルスだけでなく、猫自身の体も攻撃してしまうため、最終的に死に至るのではないかとされています。猫伝染性腹膜炎の初期症状としては、発熱や食欲不振、疲労感といったものが挙げられます。

気になる症状があった場合は早めに動物病院に連れて行きましょう。ちなみに、猫腸コロナウイルスは感染力が弱いのですが、多頭飼いしている場合は注意が必要です。感染している猫がいる場合、食器やトイレなどは共有しない方が安心です。

猫伝染性腹膜炎は人にもうつる?

猫伝染性腹膜炎は、猫コロナウイルスが変質した猫伝染性腹膜炎ウイルスの感染がきっかけで起こる病気です。感染したときの初期症状は腹水が溜まったり、下痢や皮膚炎などが挙げられます。

治療薬がなく、発症すれば延命出来る可能性があっても殆どの場合は死に至る恐ろしい病気です。それほど恐ろしい病気が、飼い猫から飼い主への感染をするようならば、大変な事態に陥ります。

では、猫伝染性腹膜炎ウイルスは人間に感染するようなものなのかというと、その心配はありません。

ただ、人間に感染しないとしても、猫伝染性腹膜炎になっている猫の看病をしているときに、最初の原因となった猫コロナウイルスが靴や洋服についてしまうことがあります。

その状態で多頭飼いをしている猫や近所の猫をかまってやると、猫コロナウイルスを人が媒介し感染させてしまう可能性があります。

それで猫コロナウイルスが体内で猫伝染性腹膜炎に変質することになれば、新たな猫伝染性腹膜炎の猫が増えます。

そのようなことにならないよう、猫伝染性腹膜炎の猫を看病するときの洋服と他の猫に触れるときの洋服は違うものを着るようにしたり、靴は綺麗に洗って消毒をしておくといった心配りが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*