猫の便秘解消はフードで治る?他にも便秘解消に効果がある方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫は便秘になりやすい動物です。便秘が続いているという場合、普段の食事を見直してみましょう。

フードを変えるだけで便秘が治ることも多いのです。便秘解消に効果的とされているのは食物繊維の多いフードです。

もちろん食物繊維だけでは栄養バランスが崩れてしまうため、タンパク質など他の栄養素もバランスよく含まれているものがおすすめです。

食物繊維はサツマイモなどの食材に多く含まれています。そのため普段のフードに混ぜて与えても良いでしょう。

猫は便秘になりやすい動物だった?

猫とトイレのイラスト

猫はしなやかで機敏に動くことから便秘になることはないだろうと考えますが、実は便秘しやすい動物でもあります。猫の便秘原因としてあげられるのは、食事が合っていないことや水分不足、飲み込んだ毛玉がうまく吐き出せないといったことがあります。

そして年齢が経つにつれて筋肉そのものの動きが悪くなりますが、それに伴って消化管の動きが鈍くなることも影響しています。猫の場合意識的に水分を飲むことはあまりありません。

そして毛づくろいをする関係上、毛をどうしても飲み込みやすいといった点が便秘につながっています。便秘解消するにはまず食事の様子を観察してみます。

もし水分を摂っていないようであれば、キャットフードをウェットタイプに変えて食事の中から水分を摂れるようにしましょう。なお、牛乳は人間にとっては便秘解消となることがあっても、猫にとって下痢をしやすい飲み物であります。

ヤギのミルクか猫専用のミルクを与えるようにしてください。そして肉食動物であるので、野菜や植物を食べても消化や吸収をすることはできません。

こういったところからは食物繊維は取れないので、食物繊維を意識するのであれば、さつまいもなどを茹でて食べやすいようにペースト状にして食べ物に混ぜてあげると良いでしょう。

猫の便秘解消はフードで治るって本当?

猫の便秘は主に水分の摂取量が足りていない場合や、毎日与えているフードが猫の体にあっていない可能性があります。

人間と同じように便秘の状態が続くと体にわるいので、適切な治療法として病院では内服薬を処方したり、浣腸の処置を行って溜まってしまっている便を柔らかくしてお通じをよくさせる方法が一般的に行われています。

ただ自宅で行える便秘解消の対策としては、与えているフードを見直して便秘対策用のフードに変えたり、水に溶ける可溶性繊維が豊富なタイプや水に溶けない不溶性繊維が豊富なタイプなど、猫の便秘の状態にあわせて適切なフードに変更する必要があります。

頻繁に便秘になるという場合は、一度獣医師に相談をしてフードのアドバイスを受けるようにしましょう。猫は他の動物に比べて水を飲む量が少ない特徴があるので、水入れを置く場所を増やしたり、水分量が多めのフードを与えることも便秘解消に効果的です。

体を動かさない猫は、腸の動きが弱まりやすいので便秘になりやすい傾向にあります。そのため日常的に適度な運動をさせるように意識させる必要がありますので、おもちゃなどを利用して1日5分を目安に遊んであげると便秘解消に繋がります。

フード以外で猫の便秘解消に効果のある方法とは?

猫の便秘解消として、フード以外での効果のありそうなものとしては、猫がストレスをあまり感じないようにするということが大切です。

特に、トイレをする際に周囲が騒がしいなど落ち着いてトイレができない状態は猫にとってストレスとなりこれが便秘の原因になる場合があります。

トイレをする時精神的に落ち着けるような場所であることが重要なポイントとなるため、トイレの設置場所などに気を遣うということも必要です。

ただし、設置の位置をずらしてしまう、違う場所に設置するなどすると今まで慣れていた場所から変化が生じることになるため、設置している場所周囲で音を立てないようにするなど、猫がストレスを感じないように配慮してみるということも対策につながります。

もう一つは、猫のお腹を軽くマッサージしてあげるというのも効果が期待できます。スキンシップとしても有効ですが、ある程度マッサージによってお腹を刺激することになるため、便秘などの場合でも効果が期待できるといえます。

その他にも、適度な運動をさせてみるなども重要です。運動不足なども便秘の原因になるため時間がある時は、遊んであげるなど猫の運動を手伝ってあげるというのも一つの対策だといえます。

猫が便秘と判断できるのは何日から?

人間も便秘を起こすことは多いですが、実は猫も便秘になることが多いです。

猫が便秘になる原因には、毛づくろいによって毛を飲み込んでしまっている、水分を好んで飲まないといったことがあげられており、飼い猫であれば食事が合っていないということが原因となることが多いです。

年齢を重ねている猫であれば筋肉が落ちてしまったことによる消化管の動きが悪いということが影響しています。猫の場合、便秘と判断できるのは2日ほど経っても排便していない時です。

便秘になるととたんに食欲が落ちて、元気に動き回らなくなります。食事改善をしているのに2日間便秘の状態が続いている場合は、動物病院に連れていってあげた方が良いでしょう。

動物病院では脱水症状になっていないかを確認し、時として便を柔らかくするための薬を服用させることもあります。猫の便秘解消には、水分がとても大切です。ですが、水分といっても人間が飲む牛乳は刺激が強すぎます。

猫用のミルクかヤギのミルクを与えてみましょう。そして普段の食生活においても少し水分が含まれているウェットタイプのキャットフードを食べさせると良いです。無理に飲ませようとしても逃げてしまうだけなので、食べ物にうまく水分を含ませてみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*